事業所NEWS

NEW2019年02月08日 八幡西区 インクル八千代

無病息災を願って

 宿泊型自立訓練では節分の行事を行いました。その日の夕食の献立は恵方巻となっており、利用者の皆さん自身で恵方巻を巻いてもらいました。

職員に巻き方を教わりながら「こうかな、難しい~」と苦戦する方や「上手に巻けました!」と嬉しそうに報告に来られる方など、作る人によって太さが異なり、十人十色な仕上がりになりました。食べる際には、今年の方角である東北東を向いて心の中でお願い事をしながら食べる方もいらっしゃいました。

季節の変わり目と言われる節分は、「皆が健康で幸せに過ごせますように」という意味をこめて、悪いものを追い出す日です。宿泊型の利用者の皆さんで「鬼は~外!福は~内~!」の掛け声と共に豆を撒き、賑やかに沢山の福を呼び込むことができたと思います。(前田)