事業所NEWS

NEW2024年07月10日 本部 北九州障害者しごとサポートセンター

「第1回 はたらく仲間の交流会」を開催

 北九州障害者しごとサポートセンターによる今年度「第1回はたらく仲間の交流会」が6月22日、ウェルとばた(戸畑区)で開催され、同センターの登録者、関係者ら23人が参加した(写真)。

 同センターでは、登録している利用者を対象に利用者同士が交流を通して職場での悩みなどを共有し、日々の仕事へのリフレッシュができる場として年間4回、交流会を開催している。

 この日は前半にふくし出前講演として、北九州市消防局戸畑消防署予防課の迎田正春氏を講師に招き、「知って安心、地震災害の備え、地震災害の特徴や避難について知ろう!」をテーマに講演が行われた。このなかで迎田氏は、「地震から身を守るには地震発生時の安全確保行動ができるよう、日頃から訓練しておくことが必要」と述べ、北九州市で想定される地震や被害、緊急地震速報の活用、防災対策、情報の入手方法など最新情報について説明した。参加者からは、「職場で災害が起こったらどうしたらよいですか」「自宅にいる時に災害にあったら、どこに逃げればよいですか」など普段の生活を思い浮かべた質問が多く出された。講師は一人ひとりの質問に丁寧なアドバイスを行いながら、最後に「大切な命を守るため、事前にしっかりと準備をして災害に備えましょう」と呼び掛けた。後半はグループに分かれ、講演の感想や日頃の思いを披瀝し合い交流を図った。参加者からは、「防災講座に参加できて楽しかったし、質問できて良かった」「防災について役に立つことをいくつも聞けた」「みんなと話ができて、うれしかった」「また参加できたらいいなと思う」などの感想が聞かれ、それぞれがリフレッシュできた会となった。なお、第2回の同交流会は9月21日に開催予定。