法人NEWS

NEW 2024年07月03日 その他

「いくせいかい診療所」/医師の指示に基づいた栄養食事指導も実施

「いくせいかい診療所」では、一般診療のほかに食事療法が必要な患者に医師の指示に基づき、管理栄養士が栄養食事指導を行っている。

指導するにあたっては、どのような生活を送っているか詳しく確認、ライフスタイルの全体像を把握し食事の習慣、嗜好や回数など食生活について聞き取り、血液検査や身体測定などの結果と照らし合わせながら具体的なアドバイスを行っている。そこでは食材の選び方やコンビニで食事を買う場合の選び方、一人ひとりの食事にあわせた調理の仕方、必要であればサプリメントや補助食品の提案なども行う。実際に栄養食事指導を受けた法人の利用者の中にはかなり肥満だったが、1年かけて減量に成功し現在も体重を維持している人もいる。その利用者は、食事が不足しているのではないかと家族が捕食を行っていたため体重が増加。体格にあった食事についてのフードモデルや食べている食品を基に説明を行い、知識の習得を促した。

栄養食事指導を行う管理栄養士は、「栄養指導と聞くと、これを食べちゃダメというダメダメ指導をされるように感じるかもしれませんが、栄養士業界でもダメダメ指導は良くないとされており、あくまでも患者様の生活に寄り添ってその方が目指すところに辿り着くためのご提案をさせて頂きます」と話す。また、「健康診断で二次健診を勧められたら、『いくせい会診療所』で栄養食事指導を受けてみませんか」と呼び掛ける。(写真上は管理栄養士から栄養食事指導を受ける患者、下は「「いくせいかい診療所」栄養食事指導の紹介)

<「いくせいかい診療所」栄養食事指導 案内>