法人NEWS

NEW 2023年01月18日 会議

第9回「宿泊型マネジメントプロジェクト」/事業所の事例を基にケース検討など実施

 第9回「宿泊型マネジメントプロジェクト」が1月13日、戸畑区の「育成会会館」で開催され、小松啓子理事長(委員長)、岩倉聡理事(本部事務局長)をはじめメンバーら7人が参加した(写真)。
 この日は、飛翔館、インクル八千代の宿泊型自立訓練事業の状況が報告され、飛翔館の事例の経過を基にケース検討が行われた。メンバーからは「服薬はどのような状況か」「今後、本人は何を希望しているのか」「就労に関する意向を確認したり、グループホーム等での生活イメージをつけていったりしないと、就労や地域移行を進めていけない利用者ではないかと思われるが、どうか」などの意見が出された。また、最後に小松理事長は「今回の事例では利用者に体験の場をどのように設定していくか、それが経験につながるため、しっかり場の設定を行っていただきたい。同プロジェクトでの検討が皆さんにとって良い勉強になっていると感じている」と述べた。なお、次回はインクル八千代のケースについて報告が行われることとなっており、2月10日に開催予定。