法人NEWS

NEW 2022年06月08日 研修

2年次研修/第4次中期経営計画とその進捗のためのPDCAサイクルの取り組みなど研鑽

 「2年次研修」が6月1日、戸畑区の「育成会会館」で開催され、対象の入職2年目の職員6人が出席した(写真)。
 この日は、小松啓子理事長が講師を務め、まず全員に「今日、携わった業務」「ジョブローテーション1年目と2年目の違い」について報告してもらった。このなかで「ジョブローテーション1年目と2年目の違い」について、職員からは「視野が広がる」「来年が楽しみ」「どのような仕事をしたいか考える機会になる」などの感想が挙げられた。小松理事長は「利用者さんの一人ひとりの違いを理解してほしい。多くの利用者、上司、仲間に出会ってほしい」と述べた。
 その後、小松理事長は、法人の状況や経営理念、第4次中期経営計画とその進捗のためのPDCAサイクルの取り組みなどについて説明。「自分を信じて頑張ってほしい。利用者にはチームで関わり、優しい気持ちを育んでほしい。太く短くではなく、細く長く働き続けてほしい」と職員に期待を寄せた。最後に職員からは、「利用者支援のために中期経営計画があることを知ることができ、良かった」「目標や計画が聞け、勉強になった」「久しぶりに会えた同期の話が聞けて、明日から頑張ろうと思えた」など感想が聞かれた。なお、次回研修は7月5日に行われる予定。