法人NEWS

NEW 2021年09月24日 会議

「第2回理事会/苦情解決 第三者委員の選任や経理規程の一部改正など5議案を承認」

「令和3年度第2回理事会」が9月16日、戸畑区の「育成会会館」で開催され、第11期 苦情解決 第三者委員の選任や「インクル若松」の事業廃止、経理規程の一部改正などの5議案を審議し、いずれも全会一致で可決した(写真)。
この日は、新理事、新監事での今年度初めての理事会で冒頭、自己紹介が行われ、議案の審議に入った。このうち第1号議案では、任期満了に伴う苦情解決 第三者委員の選任について審議が行われ、現委員(第10期)3名の再任が承認された。なお、現委員の任期はこの9月30日までで、次期(第11期)委員の任期は令和3年10月1日から令和5年9月30日までの2年間となっている。また、第2号議案から第4号議案では「インクル若松」「洞海工芸舎」の自立訓練事業、「ぱすてる中部」の同行援護事業の事業廃止が、第5号議案ではそれら事業廃止に伴う経理規程の一部改正が提案され、いずれの議案も承認された。