法人NEWS

NEW 2020年11月18日 会議

第3回「強度行動障害支援者会議」/各事業所の状況に関するアンケートを基に意見交換

第3回「強度行動障害支援者会議」が11月10日、戸畑区の「育成会会館」で開催され、小松啓子理事長(委員長)、村上明美事業所長(副委員長/インクル曽根)をはじめ委員、外部ファシリテーターの伊東良輔氏(一般社団法人ぱるむ代表理事、日本社会福祉士会理事)らの19人が参加した(写真)。

この日の会議では、前回から今回までに各事業所の強度行動障害者支援に関する状況について取ったアンケート結果を基に意見交換が行われた。このなかで項目毎に、①支援体制を固定化しているのか、全体で見ているのか、②そのメリットデメリットは何か、③現状の支援体制はどうなっているのかについて、各委員が感じていることを発表した。委員からは、利用者のことを考えて職員を意図的に固定化している場合と、職員体制により固定化せざるを得ない場合があるなど現場で苦慮している現状も発表され、情報交換も行われた。ファシリテーターの伊東氏からは、「人がたくさんいればよい支援ができるとは限らないが、よい支援につなげていくためには、質の向上が不可欠であり、統一した支援・見解が必要となってくる。次回の支援マニュアルについての検討で考えていきたい」と意見をもらった。なお、次回は12月15日に開催予定。