法人NEWS

NEW 2020年03月12日 研修

介護職員初任者研修/修了式を実施、介護職としての第一歩を踏み出す

介護職員初任者研修の修了式が2月29日、戸畑区の「育成会会館」で行われ、受講生8人が参加した。

同研修は、多様化する利用者ニーズに対応するための知識・技術を身に付けた人材を育成し、社会福祉の充実に寄与することを目的として、昨年度から育成会主催で実施。

この日は前半に、松﨑泰典理事(八幡西障害者地域活動センター事業所長兼任)が「福祉専門職としての旅立ちに向けて」と題し講義を行った。同研修では、これまで14回に亘って介護に関する講義と実習を行っており、最終日のこの日は実際に介護職として働く上で重要なことなどを学んだ。また、講義の中で松﨑理事は、「アイデアなどを提供する頭脳労働や体力を使って対価を得る肉体労働に対して、福祉サービスは感情労働と呼ばれます。常に自分自身の感情をコントロールすることが求められる福祉サービスでは、大きなストレスを抱え、心のバランスを崩してしまう可能性があります。自身のサインに気付き、無理をせず自分を大事にすることが大切です。心と身体の健康に留意して、末永くこれからもがんばって下さい」と激励の言葉を贈った。その後、後半には修了試験を実施、参加者全員が無事合格した。新型コロナウィルス感染症対策で短縮した形での修了式が行われ、修了証を手渡された参加者は福祉職としてのスタートラインに立つこととなった。なお、受講者の内、数名は育成会の登録ヘルパーとして働くことを希望しており、同研修を活かした質の高い支援の提供が期待される。(写真は、前半の講義に熱心に聞き入る受講者)