アート活動

2018年09月05日

アート活動

「Able Art(エイブル・アート)」とは、直訳すると“可能性の芸術”で、障害のある人たちの表現活動のことです。

 

育成会では、各施設・事業所で利用者の表現活動としてアート活動を支援しています。また、法人全体では毎年、利用者の写真、絵画、書道の作品を展示する「ひまわりアート展」を開催しています。

 

【ひまわりアート展】

育成会では、障害や障害者への理解促進、啓発を目的に利用者(おもに知的障害者)が撮った写真を紹介する写真展「ひまわり写真展」を平成20年度から開催してきました。平成27年度からはさらに絵画や書道も紹介するアート展「ひまわりアート展」として毎年、利用者の力作を多くの方に鑑賞いただいています。アート展名はひまわりの花のように明るく、たくましく生きる障害のある人たちにちなみ「ひまわりアート展」としました。

 

第4回ひまわりアート展 写真の部(pdf17MB)

第4回ひまわりアート展 絵画の部(pdf27MB)

第4回ひまわりアート展 書道の部(pdf10MB)

第3回ひまわりアート展(pdf 1.7MB)

第2回ひまわりアート展(pdf 1.9MB)

第1回ひまわりアート展(pdf 1.3MB)

 

【その他のアート活動】

○2017年5月

日明リサイクル工房の元山隆典さんの作品が市役所内「ぬくもりルーム」(pdf)に展示