若松工芸舎

若松工芸舎

新着ニュース

事業所紹介

若松工芸舎は、生活介護事業と就労継続支援B型事業を運営する多機能型事業所です。障害者総合支援法に則り、それぞれの事業の目的と利用者のニーズに応じ、障害のある方達への日中活動の充実や就労の機会の提供、また社会参加に向けて、障害のある方達への自立を支援します。また地域共生社会を目指し、地域住民との交流や社会貢献活動も行っています。

若松工芸舎
若松工芸舎

実施事業

就労継続支援B型

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるように、就労の機会を提供するとともに、利用者の個別のニーズに応じ、事業所内での生産活動や施設外就労の機会を通じ、利用者の働く可能性や働き方、また工賃向上を目指し、働く為に必要な知識及び能力の向上に向けた支援や援助を行います。また余暇の支援として毎月1回土曜日に、リフレッシュ活動(カラオケ、ボウリング、外出)を行っています。

●事業の特色:その人らしい働き方を支援・援助します。

生活介護

利用者が自立した日常生活または社会生活を営むことができるように、利用者一人ひとりのニーズに合わせ、社会資源を活用した活動(料理、エアロビ、おどり、音楽、絵画、工作、写真、エンジョイダンス、陶芸等)や生産活動、外出活動、また健康維持の為の運動の機会(ウォーキング、ストレッチ・ロコモ体操等)や入浴サービス等を提供し、その人らしい日常生活が送れる為の支援や援助を提供します。

●事業の特色:社会資源の活用と個別の支援を提供します。

全体参加プログラム

一泊旅行/日帰り旅行
家族交流会(親子懇親会・親子レクリェーション)
新年を祝う会
新成人・還暦を祝う会

当事者会活動

当事者会(すみれ会)
茶話会
五平太ばやし

地域交流・社会参加

地域住民との交流や地域行事等への参加、社会貢献活動を行っています。
(地域交流活動)
ニュースポーツ大会、レクフェスタ、ウォークラリー、グランドゴルフ、二島祇園山笠
(社会貢献活動)
地域のサロン活動に参加し、サロン参加者へのお茶出しやお弁当の片付け等
春・秋の交通安全週間見守り運動
市民いっせいまち美化運動
ペットボトルキャップ回収運動

若松工芸舎:施設詳細

開設年月日 昭和56年4月1日
定  員 55名 
就労継続支援B型事業:35名
生活介護事業    :20名
建設概要 敷地面積   4205.21 m2 / 建物面積  795.05 m2
職員構成 20名
事業管理者・サービス管理責任者:1名
支援員:14名
看護師:1名
事務員:1名
運転手:2名
嘱託医:1名
交通アクセス (住   所)〒808-0103 北九州市若松区二島5丁目18-9
(電話/FAX)TEL:093-701-1712/ FAX:093-701-1733
(交通アクセス)市営バス:第一二島バス停より徒歩10分